☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

春闘のたたかいについて

 春闘が、2月に入ってから各職場や各産業で行われます。春闘は、1955年に総評が日本経済の上向きの成長の状況から春に賃金引き上げや労働時間短縮、標準作業基準、労働安全などを団体交渉を通して決める運動でした。
 今年の春闘は、連合や全労連の加盟組合が、正職員の労働条件だけでなく非正規の労働者の労働条件を取り入れて各企業や各産業、各自治体に要求実現ために交渉します。
 しかし、春闘の成果は、労働組合のある企業にしか適用しません。労働組合のない労働者は、若干の恩恵を受けるか、全く恩恵を受けません。これでは、日本の労働者が労働組合に対する不振を広がります。
 賃金引き上げや労働時間短縮、標準作業基準、労働安全などの労働条件の確立は、春闘の時に拘らずにいつでも取り組めるようにすべきです。私は、知り合いの労働組合の活動家や幹部にその旨のことを伝えるとかなり眉間にシワを寄せていました。これは、労働組合の幹部が春闘を単なるスケジュールとして捉えてだけです。
 労働組合は、春闘の在り方を検討しつつ、産業別の労働条件の確立、非正規の労働者の労働条件の底上げ、失業者への就労事業の確立、各国での多国籍企業の横暴の反対、セクシャルマイノリティを含めた性の違いによる差別反対などを取り上げて、各産業や各自治体、各省庁に向けてたたかいをすべきです。