☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

大阪府知事選挙の結果について

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 大阪府知事選挙は、1月27当開票されました。橋下徹弁護士(自民党大阪府連推薦、公明党大阪府本部支持)が、熊谷貞俊大阪大学教授(民主党推薦、国民新党推薦、社民党推薦、連合大阪)と梅田章二弁護士(日本共産党推薦、新社会党支持、大阪労連)を振り切って当選しました。
 橋下徹弁護士の当選は、大阪府の財政の建て直しや情報公開の府民の要望を利用しながらメディアを使った政策不在の宣伝、20歳代から30歳代の若年層からの受け狙っていたからです。
 熊谷貞俊大阪大学教授は、大阪経済の活性化で大阪府の財政の建て直しを訴えましたが、高齢者の受けがあったものの若年層や子育て層、無党派層の受けが不十分でした。
 梅田章二弁護士は、住民向けのアンケートや支援団体の枠に囚われない要求づくりを目指していましたが、旧態依然の支援のスタイル、非共産党系との連携不足、若年層や無党派層の受けが不十分でした。
 私たちは、橋下徹弁護士が大阪府知事に就任して法令遵守からの逸脱や住民の犠牲を受けない大阪府の財政の建て直しをするのかをチェックするべきです。
 熊谷貞俊大阪大学教授の支援者と梅田章二弁護士の支援者は、若年層から子育て層、無党派を含めた政策実現のためのビジョンを示すことや旧態依然の選挙活動の改善、メディアを使った宣伝の活用、党派闘争の克服、大衆運動の活動スタイルの改善に取り組んで住民の切実な要求実現ために総括すべきです。