☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

労働組合の幹部への注文

 私は、労働組合の幹部が職場の仲間とのギャップを抱えていると感じています。
 職場では、正社員やアルバイト、パートタイム、派遣、請負、嘱託など雇用形態の違う労働者が内容の違う不満を抱えています。失業者は、仕事確保と生活保護社会保障での負担軽減を求めています。
 労働組合の幹部は、職場や地域の仲間の悩みを本当に聞いているのでしょうか?答えは、適当にしか聞いていません。幹部の姿勢は、仲間のことを聞くと言うより仲間の好いことだけを聴くことです。これは、大阪で言う「ええ何処取り」なのです。
 労働組合の幹部は、仲間の世話役と会社に対するオルタナティブな人、業界に対する改革者です。幹部が、既得権のための活動であれば、労働組合の第一線から退くべきです。
 これからの労働組合の幹部は、職場や地域の仲間の悩みを自分の思いとして認識して、仲間のエネルギーを引き出すことに専念するべきです。