☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

労働者の権利

 日本の労働者は、長時間労働や雇用形態による格差、過労死、解雇、賃金の引き下げ、労働災害などが広がっています。このような事態を対処するには、労働基準法労働組合法、裁判での判例を使います。
 資本主義が、産業革命に入ると労働者が劣悪な労働条件の元で働き、資本家の利潤を得ます。労使関係は、非常に悪くなります。労働者は、働く条件の改善と労使関係の正常化のために闘います。この闘いが、労働者保護法を実現のきっかけになったのです。
 労働基準法は、賃金や労働時間、解雇、休息、休日など最低限のルール定めています。労働組合法は、団体交渉や団結権ストライキ、組合の大会、労働協約不当労働行為などを定めた労働組合の活動のルールです。裁判での判例は、裁判で闘いで勝ちとったルールです。
 労働組合が、これらの法律や判例を使って職場での闘いで活用すべきです。一人ひとりの労働者が、これらの法律や判例を学び、会社や資本家の無法な支配を食い止められるようにすべきです。