☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

大阪府立高校の統廃合と宮城県立高校の共学化について

 大阪府教育委員会は8月29日に羽曳野市内にある羽曳野高校と西浦高校、泉南市内にある泉南高校と砂川高校を、2009年度にそれぞれ統合する計画案を発表しました。統合した後は、選択科目の多い普通科総合選択制に改編され、校舎は羽曳野高校と泉南高校に集約します。統合は、1999年度から始まりました。大阪府教育委員会は、4校の統合が最後の統合計画になりました。
 統合計画は、1999年からそれぞれ高校の生徒や父母、卒業生、教師から反対の声が広がっていました。統合計画には、自民党公明党民主党社民党がずっと賛成してきました。統合の狙いは、少子化による生徒の減少と称して、子どもたちの高校の選択の機会を奪い、生徒や卒業生の学校存続の声を無視してきました。
 今回の府立高校の統合計画に反対する世論の形成が求められます。4つの高校の生徒や父母、卒業生、教師が、地域の世論を背景にして自民党公明党民主党社民党大阪府会議員に統合の中止を求めるべきです。
 宮城県立高校の共学化反対のデモが、2006年の6月に県立仙台第一高校生徒会や共学化反対委員会が中心になって宮城県立第一女子高、宮城県立第二女子高、宮城県立第三女子高校、宮城県立仙台第二高校、宮城県立仙台第三高校の在校生などに呼びかけ、県立高校工の一律共学化に対して再検討を求める集会と、2000人規模のデモ行進を行いました。
 宮城県は、少子化対策と称して2010年までの県立高校の共学化を狙っています。宮城県議会では、自民党公明党民主党社民党が県立高校の共学化に賛成しています。
 Youtubeでもデモの映像が配信されています。
宮城県立高校の共学化反対のデモ-1
宮城県立高校の共学化反対のデモ-2
宮城県立高校の共学化反対のデモ-3