☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

長野県知事選挙

イメージ 1

イメージ 2

 長野県知事選挙は、7月20日告示、8月6日投開票で行われます。立候補予定者は、田中康夫長野県知事村井仁自民党衆議院議員です。
 自民党と、公明党民主党社民党が一緒になって候補者擁立を断念しました。日本共産党は、田中康夫知事が民主党の明日の内閣への参画や新党日本の党首に就任したことを理由に支援しないこと明らかにしました。対立候補は立てずに、自主投票としました。
 田中康夫長野県知事が、2000年の10月の知事選に当選しました。2002年には、旧与党による知事不信任を受けての知事選挙で当選をしました。当時は、長野県が冬季オリンピック建設で赤字が膨らんだことや旧野党の横暴に対して、県民が、田中氏に託した結果です。
 田中県知事は、県内の河川でのダム建設の見直しや県内の公共事業の入札制度の見直し、住民犠牲の抜きの県財政の赤字解消、既存建築物の構造設計の計算書と図面の再審査、国に対するトンネルじん肺患者の補償とじん肺の対策、外郭団体での県職員の引き上げ、同和対策事業の大幅な見直しなどを実現しました。しかし、県内の高校の統廃合が、教育委員会との摩擦が生じています。
 長水地域の民青同盟が、野沢南高校(佐久市)と長野南高校(長野市)門前での高校統廃合反対の署名宣伝を行っている記事。
http://www.jcp-ngn.com/news/2006main/2006-06/06_13.html
 旧与党(自民党公明党民主党社民党)が、県内の建設業者や部落解放同盟(本部派)の利益を代表できる長野県にしようとしましたが、候補者の擁立が出来ませんでした。田中康夫知事の独裁体制が続きそうです。