☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開しています。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東大阪市長選挙

 東大阪市長選挙が、6月25日告示、7月2日投票で行われます。東大阪市は、教育・福祉の切り捨て、国民健康保険料の大幅な負担、新庁舎建設による財政赤字、市内の中小企業の倒産・廃業をすすめています。
 松見正宣市長は、自民党府連と公明党の推薦を受けて松見氏が、自民党入党をめぐって民主党が正式に推薦を出来ずにリベラル東大阪の議員が支援に入っています。創価学会公明党の推薦を不服として自主投票の態度を取っています。自民党公明党民主党が市政と市民との矛盾が広がった影響を受けています。西野茂大阪府会議員が立候補したために自民党の会派(自民党東大阪市議団と自民党市政刷新市議団)が松見氏の支援にまわるなかで、塩川正十郎衆議院議員自民党大阪府会議員20名、小沢政治塾出身の米田秀和氏の支援を受けています。松見氏と西野氏の立候補が、与党間の足並みの乱れています。
 自民党は、塩川正十郎衆議院議員派と西野あきら衆議院議員派に分かれています。公明党創価学会との関係がギスギスし、民主党は、表立っての支援が出来なくなっています。
 一方、長尾淳三前市長は、日本共産党を含む東大阪民主市政の会推薦を受けています。新社会党社民党中核派は、長尾氏が市長在任中に職員の労働条件の引き下げや同和行政の終結を巡って長尾氏を支援をしていません。 これらの政党とグループが市長派と西野府会議員のシフトを崩すために大同団結をつくり、団結を基盤にして矛盾や足並みの乱れを突くことを放棄しました。また、日本共産党が、長尾市政の不十分さや実績を含めた総括をせずに、市会議員補欠選挙を重視する党派の立場を優先しました。