☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月に再開しています。ぶどう狩りは。8月ごろの再開の予定です。よろしくお願いします。

社民党街頭演説

 社民党街頭演説は、12日に柏原市内の①田辺池と②国分本町7丁目、③国分東条(ひがんじょ)、④国分市場、⑤片山町で、17日に高井田駅前で行いました。
 12日の演説は、①ウクライナ紛争を利用した核兵器使用共有や②緊急事態の行使が可能な日本国憲法改定の動き、③全国の企業の40バーセントの割合の大阪府内のブラック企業の存在、④森友学園の学校設立の不正から黙認している岸田文雄政権、⑤大阪市内のIR施設の誘致を問う住民投票、⑥種子法復活と農業従事者への所得補償の復活、⑦柏原市議会6月議会の動きを訴えました。
 国の政治や大阪府政、柏原市政を変えるには、参議院選挙で比例代表社民党議席拡大の実現と指摘ました。


 17日の演説は、①岸田文雄政権の新しい資本社会ビジョンの非正規労働者の問題を放置していることや②大学生のローン型奨学金の問題、③年金受給額の年々の引き下げ、④柏原市議会6月議会で問われている亀の瀬地滑り記念館のトンネルに配信するためのプロジェクトマッピングの4445万円余りの設備取得の抜本的見直し、⑤新型コロナウイルス重篤化を減らすための国産の治療薬の普及、⑥この間の国政選挙でいかさま選挙やデタラメ選挙と名づけられた不正選挙の実行した株式会社ムサシの地方自治体との関係の見直しを訴えました。
 不正選挙の実行による民主主義の不信の増大や新型コロナウイルス重篤化を増やし、非正規社会を見て見ぬふりしてきた岸田文雄政権でなく、社民党立憲民主党共産党、れいわ新選組の野党4党の政権に変わることが大事と述べました。
 参議院大阪選挙区では、れいわ新選組公認のやわた愛予定候補者を自主支援をすることを明らかにしました。
 給付型奨学金の実現と衆参両院のジェンダーギャップの解消、全国の4割の企業が大阪のブラック企業の存在の克服は、やわた愛の参議院に送りだせる可能性を持つ選挙にしていきたいと締めました。


 12日の演説での社会新報柏原版配布と17日の演説の時の社民党全国連合発行の社会新報参議院選挙号の配布は、演説をしながら進めました。
 社民党全国連合発行の社会新報参議院選挙号の配布をしながらの演説は、地元の方やスクールバスに向かう高校生が選挙号を受け取る状況になりました。