☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月ごろに閉じました。ぶどう狩りは。10月1日で終えました。来年もよろしくお願いします。

柏原市議会12月議会終える

 11月27日から行われた柏原市議会12月議会議会が、22日に終わりました。
 22日の審議は、①竜田古道の里山公園の指定管理者の指定、②柏原市立堅下北スポーツ広場の指定管理者の指定、③柏原市新庁舎の新たな什器の整備の関する取得、④柏原市立幼稚園及び保育園の統合の条例、⑤2020年度柏原市一般会計補正予算(第10号)、⑥2020年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第4号)、追加議案として⑦2020年度柏原市一般会計補正予算(第11号)、⑧子どもたちの学びや心身のケアなど安全安心な教育環境を保障するために適切な学級編成の実現を求める意見書です。全部の議案が全会一致で成立しました。

f:id:budou102000:20190806003537j:plain

 10日と11日の2日間行われた個人質問2日目の終了後には、①柏原市市農業総合地域センターの指定管理者の指定、②柏原市立堅下北コミュニティ会館指定管理者の指定、③柏原市立柏原西コミュニティ会館の指定管理者の指定、④柏原市立玉手地域コミュニティ会館の指定管理者の指定、⑤柏原市立国分東コミュニティ会館の指定管理者の指定、⑥柏原市立堅上コミュニティ会館の指定管理者の指定、⑦柏原市立柏原南コミュニティ会館の指定管理者の指定、⑧柏原市立学習等供用施設の指定管理者の指定、⑨2020年度柏原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、⑩2020年度柏原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)⑪2020年度柏原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)が全会一致で可決成立しました。
 ①竜田古道の里山公園の指定管理者の指定、②柏原市立堅下北スポーツ広場の指定管理者の指定も、22日の議会の最終日に全会一致で可決成立しました。
 2020年度柏原市一般会計補正予算(第10号)474,606,000円追加です。歳入の内訳は、次の通りです。①127,047,000円(国庫負担金)、②11,634,000円(国庫補助金)、③57,572,000円(大阪府負担金)、④25,000,000円(寄付金) ⑥23,834,000円減額(雑入) ⑦市債 86,100,000円 ⑧繰越金 191,087,000円です。
 歳出の内訳は、次の通りです。①ICカード作成委託料2,690,000円(一般財源)、②財政調整基金積立金 95,600,000円(一般財源)、③ふるさと基金積立金 25,000,000円(寄付金)、④ふるさと納税業務委託 40,000,000円(一般財源)、⑤マイナンバーカード関連事務交付金 8,412,000円(国庫補助金)、⑥障碍者支援 173,030,000円(一般財源43,402,000円、国庫負担金86,419,000円、大阪府負担金43,209,000円)、⑦高齢者新型コロナウイルス対策費 6,058,000円(一般財源3,125,000円 国庫補助金2,933,000円)、⑧2020年度介護保険特別会計繰り出し 4,614,000円(一般財源)、⑨後期高齢者医療広域連合負担金 12,218,000円(一般財源)、⑩後期高齢者医療事業会計繰り出し金 1,672,000円(一般財源)、⑪児童手当費 16,000,000円(一般財源4,883,000円 国庫負担金11,117,000円)、⑫児童扶養手当費 17,000,000円(一般財源11,334,000円 国庫負担金5,666,000円)、⑬保育給付 47,690,000円(一般財源11,923,000円 大阪府負担金11,922,000円、国庫負担金23,845,000円)、⑭予防接種費 579,000円(一般財源290,000円 国庫補助金289,000円) 歳出は、①マイナンバーカード普及と②新型コロナウイルス対策、③職員の人件費の補正です。
 2020年度柏原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)は、7,599,000円追加です。歳入の内訳は、①7大阪府補助金 6,528,000円、②繰越金 1,071,000円です。
歳出の内訳は、①一般被保険者保険料過誤納還 6,528,000円(大阪府補助金)、②保険給付費等交付金償還金 1,071,000円(一般財源)です。
 2020年度柏原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)は、6,314,000円追加です。歳入の内訳は、①国庫補助金 1,700,000円、②一般会計繰り入れ 4,614,000円です。
 歳出の内訳は、①介護報酬システムの改定に伴う改修業務委託 6,314,000円(国庫補助金1,700,000円 一般財源4,614,000円)です。
 2020年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第4号)は、収益的収入および支出で22,000,000円の補正です。収入の内訳は、①医療外収益 22,000,000円(新型コロナウイルス対策 国庫補助金)です。支出の内訳は、①発熱外来用機器リース費円 21,340,000円です。
 資本的収入及び支出は、①収入 大阪府補助金 111,978,000円、②支出 医療機器購入費 111,978,000円です。
 財産の取得は、次の通りです。内訳は、①財産の内容 什器等備品一式、②取得の目的 柏原市役所新庁舎建設に伴う什器等備品の整備、③取得の方法 指名競争入札、④取得価格 金103,257,000 円、⑤契約の相手方 八尾市恩智中町2丁目3番地 勝島商店です。
 柏原市立教育保育施設条例が提出されました。条例の内容は、①子ども子育て支援法に基づく ②こども園の名称(①柏原市立かしわらこども園(柏原市立柏原西幼稚園と柏原市立柏原保育所の再編)、②柏原市立かたしもこども園(柏原市立堅下保育所の再編)、③柏原市立こくぶこども園(柏原市立国分幼稚園と柏原市立国分保育所の再編)、④柏原市立たまてこども園(柏原市立玉手幼稚園と柏原市立円明保育所の再編)、⑤柏原市立堅上幼稚園(柏原市立堅下幼稚園と柏原市立堅上幼稚園の再編))、⑥保育料や入園の規定です。施行日は、2021年4月1日です。
 追加議案の2020年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第4号)は、45,703,000円追加です。追加の理由は、①ひとり親世帯への臨時給付と②新型コロナウイルスワクチン接種の補助のためです。
 歳入の内訳は、①ひとり親世帯への臨時給付補助44,361,000円(国庫補助金)、②新型コロナウイルスワクチン接種の補助1,342,000円(国庫補助金)です。
 歳出の内訳は、①ひとり親世帯への臨時給付対策44,361,000円(国庫補助金)、②新型コロナウイルスワクチン接種の委託料1,342,000円(国庫補助金)です。
 意見書は、①学校の児童のコロナウイルス禍のメンタル対策と②教室の適正な人数の確保を国に求めるためです。
 すべての議案の全会一致の成立は、地方自治体の議会でよくあり得ます。最終日の討論がよく行われる議案は、①国民健康保険特別会計や②各種会計の決算、③補正予算、④各種会計予算について反対者及び賛成者、組み換え、修正それぞれ行われます。
 全会一致を見込まれる採決は、異議なしといった掛け声でなく、起立ないし挙手で市民にとってわかりやすい審議に進めるようにしよう。f:id:budou102000:20200810140340j:plain

 

f:id:budou102000:20201205210830j:plain