☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

葛飾区会議員選挙の結果

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 13日投票の東京・葛飾区会議員選挙は、今日の開票しました。定数は、40人です。結果は、早川久美子がトップで当選をしました。自民党が2議席を減らし、日本共産党が、1議席を減らしました。市民運動系の石田千秋氏も当選をしました。今回の選挙は、京成立石駅前の再開発や指定管理者制度による教育施設の民営化、福祉や教育の充実などが争点になりました。
 私が思ったのは、立石駅前の再開発が買い物客でごった返している商店街をなくしてゼネコンや青木区長の息のかかった建設業者が潤うだけでした。選挙中には商店街を視察しました。再開発反対が日本共産党民主党に及ぶほどの広がりや「葛飾ビラまき不当逮捕事件」で日本共産党石田千秋区議などによる共闘などの葛飾での変化が出てきました。このような中で「葛飾型統一戦線」が実現しそうな様相になったと感じています。
 日本の左翼は、自分の気に入らない人の意見を無理に説得をしたがります。これは、民主党早川久美子さんの所に行った時に感じました。運動員の方が右翼的な動きや左翼的な動きにすごく敏感でした。私は、無理に自分の持論を語らないように心がけました。無理な説得が、前向きどころか後ろ向きになって、批判された方が運動から身を引いたり、政治のことに関心を持たなかったりします。これが、「内部分裂」や「内ゲバ」の原因になります。「内部分裂」や「内ゲバ」を克服をすることが日本の左翼の関係改善に繋がると考えています。
http://www.hayakawa-kumiko.com/
http://www.ikuko-tanoue.com/
http://www.city.katsushika.lg.jp/previews/000/000/051/5174-1.pdf