☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

#その他職種

知り合いの1ヶ月ぶりの近況

私は、1ヶ月ぶりに知り合いに連絡をとってみるといつものボソボソ話を聞かされました。話は、知り合い勤務している会社のミスの処理です。知り合いは、①ミスの発見とチェック、②ミスの再発防止の行動を遅らせて顔の下向きをしています。 私は、知り合いに「…

労働組合の宣伝力の弱さ、安倍政権の経済政策の悪度さ

労働組合は、残念ながら宣伝が苦手な上にアナログ志向の実践や方針討議がこびり付いています。組合幹部は大方見栄えが悪いので余計に組合バッシングに拍車がかかります。 御堂筋筋界隈のオフィス街の職場の労働規準法の規制緩和や混合診療の実施、公立学校の…

福島みずほ 若手と語る 須田光照さん

福島瑞穂社民党党首が、須田光照全国一般東京東部労組書記長を招いて労働相談の例と相談から見た労働者の劣悪な職場の環境について対談しています。 東京東部労組は、全労協全国一般に加盟して東京東部(葛飾区、江戸川区、江東区、荒川区、墨田区、足立区)…

仕事の進め方と姿勢、達成感

私が、大学から社会に進む中で仕事の進め方や姿勢、達成感のためのノウハウや教育をほとんど受けていません。当初は、社長の成果物や先輩の成果物から仕事の進め方を研究しました。しかし、仕事の姿勢や達成感の研究は、サービス残業を前提にして①多くの業務…

トラック労働者の賃金確保のための輸送料金の適正化

トラック労働者は、全産業の労働者の賃金の水準から基本給53パーセント、職務関連手当20パーセントで占められています。それは、賃金の一部に歩合を含んでします。このことが長時間の運転や過労の増大、交通事故の増加につながります。 トラック労働者の…

地域ユニオンオタクの労働組合観

私の知り合いは、以前にも紹介しているように地域ユニオンオタクです。知り合いは、1970年代から1980年代の労働組合の動向しか知りません。知り合いが、労働組合のことをこのように言ったのです。 労働組合は、職場のトラブルや管理職による暴力を処…

全国一般労働組合の結成の意義

全国一般労働組合は、1955年に総評の援助で中小企業や既存の労働組合に組織されていない産業を対象にした一般労働組合です。 この組合の結成の意義は、①零細企業や地場産業での労働者の労働条件の向上、②企業意識の強い労働組合の克服、③地域レベルによ…

新しい政権の下の労働組合

鳩山由紀夫政権が、昨日発足しました。この政権は、官僚主導から政治主導の運営に切り替えるとしています。 長妻昭厚生労働大臣は、年金制度などの分野を得意としていますが、労働組合の運動に理解するほどでありません。民主党は、解雇を規制する法律に賛同…

初仕事

私は、去年の12月27日の解雇撤回を受けて昨日から仕事に行きました。今年初めての仕事は、仕事を再開できるための準備や年頭のあいさつが中心でした。 私は、職場復帰で笑顔で迎えてくれた同僚やいつもと同じ朝のあいさつをする同僚、無視をし続ける同僚…

盆休み明けの仕事はじめ

盆休みが、8月17日で終わり、仕事が8月18日に再開しました。 この時は、暇そうに見えて忙しいのです。私は、通常の仕事のペースにしていますが、周りは、忙しそうにしています。休憩時間が、摂りにくくなっています。 通常の仕事のペースに戻ったのは…

知り合いの夏休みが無い

私の知り合いは、夏休みがありません。知り合いの会社は、飲食関係です。夏は、喫茶店やレストラン、居酒屋の注文が多いので、日曜日以外の休みがありません。 しかも、夏休みがないのです。これは、休みを少なくして労働者から絞り取って、やる気をなくそう…

社民党全国連合解雇事件のたたかいの意義

社民党全国連合解雇事件のサイトとブログは、解雇事件の支援者のネットワークの呼びかけ人が、今後の社民党の再建や社民党からの報復を懸念をしていたために閉鎖しました。 社民党全国連合の闘いの意義は、こう考えられます。 社民党全国連合解雇事件は、2…

全国一般大阪地方本部の2006年春闘討論集会

全国一般大阪地本は1月28日、大阪市内でで「2006年の春闘討論集会」を開催しました。集会は、ベテランの労組活動家や青年労働者の参加者が目立っていました。 参加した主な労働組合の代表や組合員は、業種別運動を中心に活動している木材・家具製造の…